品種 黒潮

来年もたくさん蕾が付き楽しめるテクニックを紹介
満開状態になり、木が疲れてきたら蕾はねじるようにまわして痛んだ花がらを取り除く
取り除いた木のままで管理をすると先端で新緑が伸びそこから伸びた枝だけに花芽が付き鑑賞には見苦しい形になるため2芽くらいで剪定する。
花柄を取り除き、2芽で剪定をした株
全体に不要な枝や花を取り、枝を切りつめ日当たりの良いところで管理して秋の落葉するまで肥培管理をします。
品種 日月星

咲き分け品種は赤の花が優勢のため年々強くなり
花のバランスが取れなくなります。
花を見てバランスよく咲く剪定に心がけてください
手前の赤枝が強く困るため切り取った。
花の絞りがある所や伸びる目の方向で2芽くらいで剪定
単色花も咲き分けも管理は同じだが余りきりつめ過ぎると本来の特性の花芸が出ないため良い花の部分は毎年、花後に強く切り摘めたりしながら剪定し枝の長さなどを工夫し花芸を楽しんで欲しいです。
花後の手入れ

質問が大変多い花後の手入れについて

注意
● 新緑が伸びてきたら肥料を施す
● 下からのひこばえや台木は伸びたら取り除く
● 夏場は特に葉を落とさない管理をし新緑の間から秋の落葉時期までは剪定はしない。

咲き分け品種の手入れ

* ボケは日当たりを好みます充分に太陽の光が当たる場所で管理して下さい。