植え付け
鉢植え:9月〜10月が適期・花後すぐ植え替えも可納」・
庭植え:9月〜10月に植え替えを」・「腐葉土を混ぜる」・「日当たりの良い場所に」・「排水の良い場所を選ぶ」

管理ポイント
  *生育途中の枝は切らない事!!
  *ひこばえは良く整理!!

「花後は水を十分に」・「春植えは根を切り詰めない」・「花後、花がらをとり礼肥を」・「鉢植え:実は摘果する」・「繁殖は9月に挿し木で・根伏せでも成功率が高い」
ボケの管理
ボケ
ボケとは
分類学的には、バラ科ナシ亜科ボケ属の落葉性低木です。
     
     原産地 中国、草ボケは日本
ボケ展示ネスパス

東京、新潟館ネスパス展示

ホームに戻る

品種紹介へ

施肥
「花後(礼肥)、梅雨あけ、晩秋(寒肥)の3〜4回」・「春肥、礼肥は窒素を主体に、ほかは骨粉をプラス」 


春の肥料        花が終わり、少し不要の枝を切り花ガラを整理後新芽が伸び始める時期に1〜2回が良い。
梅雨あけ後の肥料  夏の高温を避け花芽形成の肥料をやる(8月頃花芽形成期)
晩秋頃の肥料     葉が落ちる前か、秋の剪定後に、花色を良くする為骨粉なども効果があります。
整枝剪定
「10月以降、不要枝や伸びすぎた枝を切る」・「蕾の付き具合をみて剪定する」
3少し根を切り詰める

植え替えは根を少しきり、一回り大き目の鉢で管理し、排水の良い土を入れ植え替え後はたっぷり水をくれましょう。 

葉が落ち、蕾の充実した部分できり、不要な枝は取り除く。

病虫害
    「アブラムシには発生しだい殺虫剤を」・「赤星病には発生早期に殺菌剤を」

木の根元に木クズが出たらゴマダラカミキリの幼虫がいます。
穴を見つけ殺虫剤や針金などで処理します。
又最近は、微生物農薬の開発でバイオリサが有効です。


      
   

置き場所
一年を通して庭先やベランダの日当たりのよい場所で管理し冬に積雪の有る地方の方は北風の強く当たらない場所で管理を..
水やり
    

花後の手入れ剪定などを紹介
    

花後の手入れ