ストック栽培2007

播種日 7月16日〜8月5日

定植日 8月16日から8月28日

9月2日

9月4日

ネットを上げ、液肥で追肥

ストック (あらせいとう) Matthiola incana
1年草 【あぶらな科マティオラ属】 原産地 地中海沿岸

播種〜育苗 (7月中旬〜8月上旬)
真夏のビニールハウス内で育苗が始まります。地温と室温を下げ発芽率を高めるため寒冷紗を利用します。発芽後は、特に潅水には細心の注意を払います。苗の出来・不出来で切花品質がほとんど決まります。

八重鑑別  (播種後3回に分けて))
葉の色と形により、八重咲きの苗だけを残し間引きます。これには熟練した技術が必要。非常に細かな作業なのでピンセットを用いて数回に分けた方が鑑別しやすい。

定植(8月中旬)
まだまだ暑い時期なので、植え傷みを少なくするため午後3時以降、涼しい時間帯に定植作業を行う。

病害虫
コナガ、アブラ虫などが大敵です。

摘心(頂花房の切除)
摘心は頂花房第1小花の花蕾が着色し始めた頃から花弁が開く頃までをめやすに行なうと 草姿が整う

潅水と温度管理(9月から12月)
水分が多くハウス内の温度が高すぎると、軟弱になり、出来るだけハウスは開放して風を入れ締まった茎葉とボリュームのある花に仕上げるのがポイント。

整枝(側枝の整理)
側枝は、栽培中に6〜7本に整理する。

収穫(10月から1月)
十分に水揚げした後、生花市場へと出荷されます。

ストックの栽培概要

鑑別後

主な作業 月日 資材